丹後で海釣りを楽しむなら夕日ヶ浦温泉旅館海舟へ 釣り好き社長が丹後の海を教えます

丹後は日本海特有の釣りが楽しめる地域として密かな人気を誇り、磯釣り、船釣り、ジギングなど様々な釣りが楽しめる人気釣りスポットです。
丹後で釣れる人気の魚種をいくつか紹介します!
マダイ
真鯛は誰しもが認める魚の王者です。華やかな紅い魚体に青い点々が光らせながら、海中から上がってくるときは、本当に感激しますよ!
産卵期に浅場へやってくる春や、冬に備え深場に移る秋が釣りのシーズンとされ、逆に産卵直後の晩春から初夏にかけては脂肪分が抜けて味が落ちるとされています。
ブリ
毎年、北西の季節風が強くなる12月ごろになると、北方の海から南方の海へ戻るブリが、丹後の海に来遊してきます。出世魚で丹後では、小さいサイズから イナダ → ツバス → ハマチ → メジロ→ブリと変わっていきます。
この時季に獲れるブリは脂がのっておいしく、「寒ブリ」と呼ばれて、冬の丹後の味覚を代表する食材となっています。
メバル
春から初夏の内湾の藻場でのことです。舞鶴湾や宮津湾などの内湾にはアマモの仲間が繁茂した藻場がありますが、海草の間に見え隠れする小魚がいます。メバルの幼魚でしょうか。
 メバルは全国の沿岸に生息する卵胎生魚で、カサゴの仲間です。釣り人にはなじみ深い磯魚でしょう。晩秋から冬に交尾して、雌は寒い時期に子どもを生みます。成魚は岩場に多いのですが、幼稚魚は藻場で生活することがよくあります。メバルにとって藻場は幼稚魚期の格好の寝室であり、餌をとれる台所として、とても重要なのです。でも、成長の遅いのが難点。
 メバルは脂肪分が少なく淡泊な味なので、煮付けに最適なヘルシーな食材ですが、鮮度がよければ刺し身としてもいけます。
ヒラマサ
ヒラマサは平鰤と書くように、やや平べったいブリといったところで、両者は大変よく似ています。体形や黄色の縦じまでの識別は慣れないと難しいですが、ヒラマサは上がく骨(上唇)の上端角が丸く、胸びれより腹びれの方が長いことでブリと区別できます。
 ヒラマサは引きが強いことで釣りの人気者です。ブリより暖かい海を好み、成長も速く大型のものは全長1・5メートルに達しますが、丹後の海では大きいものでも70―80センチ。普通にとれるのは2―3キロで、脂の多いブリより淡泊でおいしいです。旬は夏で、旬が冬のブリと比べて身が固く、刺し身ものの少ない夏場に重宝されます。丹後の海ではヒラマサは主に定置網で漁獲されますが、年による好不漁の差が大きく、漁模様が気になる魚です。
キス
キスの正式な和名はシロギスです。水温が上昇する春から夏にかけて、浅場へ移動してきて、釣れるようになります。
 長く伸びた小さな口から海水を吹き出し、海底の砂や泥を巻き上げ、その濁りの中から出てくるゴカイなどを食べています。
 エサを重りとともに遠くへ投げ、海底を引きずるようにして濁らせながらたぐり寄せる投げ釣りは、キスの生態によく合った釣り方といえるでしょう。
ベラの仲間たち
ベラにはいろいろな種類がおり、海釣りで親しまれているのは、キョウセンベラです。初夏から秋にかけて、投げ釣りでよく狙います。
釣り具は、シロギス釣りと同じようなサオやリール、しかけを使います。口の小さな魚のため、えさは小さくして、オモリを引きずりぎみにさぐり、小さなアタリでも見逃さないように合わせるのが、ベラ釣りのコツです。
えさは「イソメ」にし、食いのよいときにはタラシを1センチぐらいに小さくします。食いの悪いときには、2~3センチくらいにタラシをつけるようにします。 
投げ釣りでよく釣れるキョウセンベラは、夜、砂にもぐって眠ることが知られています。なかには、冬眠をする種類もいます。ベラの多くは、鮮やかな色をしており、オスとメスでからだの色が異なります。アオベラといわれるのが、オス、アカベラは、メスです。とはいえ、成長にともなって性転換をおこなう種類もいます。体表は、ぬるぬるとしています。
イサキ
幼魚にはイノシシの子のような茶色の帯がありますが、成長すると不鮮明になります。盛漁期は初夏から秋で、丹後の海では定置網や刺網で年間数トン漁獲されるほか、遊漁でも釣られます。
 旬は初夏で、刺し身や塩焼きなどいろいろな料理に合います。また、生活習慣病の予防に効果的な脂肪酸のほか、ビタミンDやビタミンEも多く含まれる栄養価の高い魚です。
グレ(メジナ)
メジナは、丹後地方では一般にツカヤまたはヒコヤ、関西の釣り人にはグレと呼ばれています。幼魚時には内湾の浅瀬に多く群れ、成長すると岩礁域にすみつき、エビなどの小動物や海藻を食べています。丹後の海で漁獲されるメジナは体長30センチくらいまでのものが多いようですが、大型のものは体長50センチ以上になり、メジナを専門に狙う釣り人のあこがれになっています。
 旬の冬場には、刺し身や鍋物などいろいろな料理法に合い、丹後では焼き魚を米と炊くヒコヤ飯が有名です。ちなみに、鮮魚店に並ぶ姿を見ると黒くて地味な印象を受けますが、生きている時の体表面はきれいな濃緑色をしており、実は味だけではなく、見た目もよい魚です。
チヌ(クロダイ)
釣り人からはチヌと呼ばれ、内湾の防波堤やいかだからの釣りの対象魚として人気があります。主にエビや貝を餌にして釣りますが、雑食性のため、コーンやスイカを餌にすることもあります。
幼魚のうちはすべて雄ですが、成長するにつれて精巣と卵巣の両方を持つようになります。2歳で雄として成熟し、初めて産卵に加わります。3歳になると精巣か卵巣のどちらかが退化し始め、4歳以上では完全に雄と雌に分かれます。通常、雌になるものが多いようです。
クロダイのつり時期は、春から秋にかけてです。夏からは、投げ釣りも始まります。クロダイの海釣りは、夏は場所が限られますし、夕方から夜にねらうことになりますが、秋になれば、どこからでも投げ釣りで狙えます。朝早くと夕方に釣るのが一般的ですが、昼間でも、潮通しのよい磯のまわりなら良いでしょう。
ヒラメ
ヒラメは、平べったい体形をしていることから、カレイ類とともに異体類と呼ばれています。表と裏がハッキリしていて、
両目が表側にあります。 この目で餌となる魚を
探し、見つけると海底の砂の中に潜んでいたヒラメは一気に飛び上がり捕獲します。そのジャンプ力は10メートル以上もあるといわれています。
海の中ではヒラメは生きた魚しか食べません。したがって、ヒラメ釣りには小アジなど生きた餌が用いられてきました。しかし、近年のルアーフィッシングブームもあり、若者を中心に、ジギングと呼ばれる疑似餌を用いた釣りも盛んになってきました。
ヒラメの旬は1〜3月で、刺し身の中でもひれ付近は「えんがわ」と呼ばれ、格別の味わい。
カレイ
カレイの中でも、アカガレイは丹後ではマガレイと呼ばれ、底引き網漁業を代表する魚です。刺し身のほか、煮物や焼き物も人気があります。口が大きいのが特徴で、水深200〜1000メートルに生息します。
体の目がない側が内出血したように赤いことが名前の由来。傷がつきやすいため、一緒に網へ入ったズワイガニやヒトデ類に傷つけられて、赤く変色するのです。カレイは北の魚で、ほかの魚と違って水が冷たいほど元気です。基本的に冬がつりの時期となります。
アコウ
アコウとは、正式和名はキジハタというハタ科の魚です。アコウという呼び名は関西地方独特のようです。 50cm以上に成長する大型のハタ科の魚ということで、当然、大変美味です。漁獲量が少ないため、一般の魚屋さんの店頭に並ぶことはまずありません。稀に、漁師旅館や温泉宿の食事で見かけます。
サワラ
ルアーの人気魚です。サワラは、口が大きくスマートな体形をしたサバ科の魚で、その刺し身は本場の瀬戸内海では極上品扱いです。丹後の海では、秋から冬にかけて、さごしと呼ばれる小型のサワラと、体重が2キロを超える大型のサワラが漁獲されます。実はこれらのサワラの多くは、生まれてから2年に満たない若い魚。餌を求めて西の方からやってきたサワラは、小魚を食べて成長し、産卵できる大きさになると丹後の海から姿を消します。
京都府のサワラの漁獲量は、ここ数年で1000トンを超えるまで急増しています。丹後の海では、サワラのようにこれまでなじみのなかった暖海性の魚がとれています。海水温の上昇と関係があるのではと言われていますが、海の中で、私たちが気付かない変化が起こっているのかもしれません。